【アルバイトよりもおすすめ!?】大学生でもWebライターになれます!!!

ブログ

How are you doing? どうもHYT颯ブログを運営している颯です!

僕は現在このHYT颯ブログを運営しながら、クラウドソーシングサイトでWEBライターとして活動をしております。

今回は、大学生として、そして!Webライターとしての実体験を元にWebライターとして働くメリット5選を紹介したいと思います。

 

HYT颯
HYT颯

大学生でもアルバイトをしながら隙間時間でも稼ぐことができるようになるからおすすめだよ!

√この記事で分かること

  1. Webライターの仕事内容について分かる
  2. Webライターになるメリットが分かる

Webライターとは

まずWebライターとはWebサイト上に文章を書くことを指します。雑誌や新聞などの紙媒体ではなくWebサイト上の文章を書くため、WebライターにはSEO、検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティングが求められます。

Webライターの仕事内容

フリーランスとしてWebライターの仕事を行う際の流れについて解説していきます。

まず、Webライターとしての仕事を見つけるためにクラウドソーシングサービスと呼ばれるサイトに登録します。

僕は、まずクラウドワークスというクラウドソーシングサービスに登録しました。

このほかにも最近話題のココナラやLancers、Bizseekなどがあります。

案件の数としては、クラウドワークスとLancersが多いので、マッチングもしやすくおすすめです。

これらのサービスの会員登録が終わった次に、サイト内で募集されている案件に応募します。

初心者の内はなかなか良い高単価の案件を獲得することは難しいので、まずは実績を作るためにタスク形式の案件をこなして実績を作ることからしてみてください。

いきなりWebライターとしての活動を始めてみたいという方は、高単価の物ばかりに応募するのではなく、初心者歓迎や未経験可などと書かれているものに応募してみてください。

初めのうちはすぐにはマッチングすることは難しいと思いますが、気長に根気強く応募してみてください。

応募する際には、自分の強みや経験などをしっかりと書いて、依頼者に対して自分がどんな人でどんなメリットがあるのか明白にして自己紹介すると良いです。

依頼者とマッチングできて、案件を獲得できたら、依頼者とやりとりをしながら記事を執筆します。

そして記事を納品して、依頼者から完了のメッセージが届いたら一連のWebライターの仕事が終了となり、報酬をもらうことができます。

Webライターのメリット5選

ライティング力(スキル)が身につく

Webライターは当然文章を書きますので、記事を書くごとに文章力が身につきます。

また、依頼者からの検品の際に手直しをして欲しいと言われることもありますので、その際にもリライトを行うことで、さらにライティング力が向上します。

また、案件として1,000文字以上は当たり前のことが多く、5,000文字くらいの記事の執筆の案件もあるので、これだけの記事を書けるようになると、大学の課題やちょっとし感想文やレポートなどはすぐに片付けられるようになり、時間効率も上げることができるようになります。

ライティング力は必ずしもこの先の人生で必要になってくるので、今のうちに身につけておくことで一生役に立つスキルとして活躍してきますので非常におすすめです。

タイピングが早くなる

Webライターとして文章を買う際にはパソコンを使って作業します。

そのためタイピングをしなければなりません。しかしそれが最大のメリットでもあります。

苦手だったタイピングも文章を書きながら連取することができ、積み重ねるごとにスピードも速くなり、これもまた時間効率をアップさせます。

また,パソコン作業をする際の時間効率アップ方法として、デュアルディスプレイにするという方法があります.片方の画面で文章を作成し、もう片方の画面でクライアントとやりとりをすることができるようになると、わざわざタブを閉じたり開いたりする必要もなくなります。

このデュアルディスプレイについては以下の記事に詳しくわかりやすく解説されてますのでぜひご覧ください。

いつ、どこでも、スキマ時間にでも稼げる

Webライターとして活動する上で、クライアントとはネット上でしかやりとりしませんので、場所に縛られることなく、いつでも、どこでも作業をすることができます。

大学生も場合、アルバイトする時間は無い空きコマの間や、通勤通学じ電車の中でも記事の執筆に時間を使うことができます。

また、作業する時間がシフトのように決まっていないので、自分のしたいときにだけ作業をし稼ぐことも同時に行うことができるというメリットもあります。

成果報酬でハードルが低い

Webライターの仕事は1案件につき報酬があるので、やればやるだけ、稼ぐことができます。

アルバイトと違って、成果が報酬として現れるのでモチベーションの継続にもつながり続けやすいです。

また、Webライターは特別な資格などは必要なく、実績などが無くても始めることができます。

依頼者の方らからマニュアルを渡されることも多いので、初心者の方だめ安心して取り組むことができます。

経験を積むごとに稼ぐことができるようになる

Webライターとして活動し経験を積むことによってライティング力も増し、記事を執筆するスピードも上がり、報酬単価を上げることができるようなるので、稼ぎやすくなります。

初めの方は文字単価0.5円程度でも経験を積むことによって1~2円、すごい人はもっと高いWebライターの方もいらっしゃいます。

初めの頃はなかなか稼げずに辛いかもしれませんが、その壁を越えると先は明るいです。

まとめ

今回は、大学生として、またブロガーとして、そしてWebライターとして活動している僕から見てのWebライターの仕事内容とWebライターの魅力について解説してきました。

まずは、クラウドソーシングサービスである、クラウドワークスに登録してみてどんな案件があるのか、見てみてください。

僕が、Webライターとして活動を始めた理由としましては、個人で稼ぐ力を身につけたいと思い、大学生から早い時期に始めようと思ったからです。

また、ライティングの力は無かったので同時にそれも身につけられるなら一石二鳥と思い始めました。

この記事を見て少しでもWebライターの魅力を伝えることができたのならば非常にうれしいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Good luck!


大学生ランキング

☝良かったらポチッと押してみてね( ・_・)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました