【独学】男子大学生が1週間でFP3級に合格した勉強方法とスケジュール

投資・お金
How are you doing? どうもHYT颯ブログを運営している颯です!
今回は、FP3級試験を受験しようか迷っている人や、どのような勉強法をすれば合格できるのかについて知りたい方への記事となっております。
実際に僕はこの勉強法で大学3年生の5月(2021年)にFP3級を受験して一発合格しました!
こんな人向けの記事
□FP3級試験って1週間で合格できるの?
□試験勉強のスケジュールってどんな感じにしたら良いの?
また、FP(ファイナンシャルプランナー)って何? 、大学生がFP資格取るメリット、僕が受験した理由知りたいという方は以下の記事をお読みください。

上述したように、僕は国公立大学に在学中にFP3級を受験して一発合格しました!

その際の結果と得点がこちらです。

学科試験 41/60 

実技試験 85/100

僕は、「日本FP協会」の試験を受け、合格基準である6割(学科36/60、実技85/100)を越えて合格することができました。

HYT颯
HYT颯

実際に、fp3級に合格した大学生である僕が、行った勉強方法について話していくよ!

HYT颯
HYT颯

ちなみに、FP試験直前も大学の対面授業が合っていて電車で1時間かけて通って大学の講義もしっかり受けていたよ!

 

√この記事で分かること

  1. 現役大学生が1週間でFP3級試験に合格したときの具体的な勉強方法が分かる
  2. そのときのタイムスケジュールについても詳しく分かる。

あくまでも、1週間(10日間)の勉強で合格しましたが、焦りも出てきてしまうの時間を時間をもっと確保できる人は早めに始めることをおすすめします。

「日本FP協会」と「金財」どっちで受験する?

FP試験を受けようと思ったときに最初に悩むことが、「日本FP協会」と「金財」どっちで受験するかです。

先述しましたが、僕は「日本FP協会」で受験しました。理由は一つで、合格率が高かったから!それだけです。

日本FP協会のFP3級の試験の合格率は、学科試験が69~81%実技試験(資産設計提案業務)が79~90%
金財のFP3級の試験の合格率は、学科試験が42~66%実技試験(個人資産相談業務)が45~71%実技試験(保険顧客資産相談業務)が34~45%

また、この2団体の試験は試験日は同じですが、実技試験の科目が違います。

日本FP協会」の実技試験では、「資産設計提案業務」の一択です。

それに対して、「金財」の実技試験は「個人財産相談業務」か「保険顧客資産相談業務」の二択から選択することができます。

金財」の試験どれを比べても「日本FP協会」の試験の方が合格率が高い傾向があります。

独学でFP3級試験に合格した勉強方法

FP3級合格に使った参考書・サイト

実際に勉強数に当たって僕が、FP3級を受験するに当たってつかった参考書・サイトをご紹介します。

参考書は、一番ベタですが、みんなが欲しかった!FPの教科書・問題集を使いました。

おすすめの理由は、

おすすめ理由(教科書)

・図解での説明があり、カラーなので、見やすくて理解しやすいから。

・重要ポイントや要点がしっかりとまとめられているから。

・各章ごとに確認問題があるので、理解度をチェックできるから。

 

おすすめ理由(問題集)

・過去問ベースなので、傾向をつかみやすいから。

・問題の解説が的確でわかりやすいから。

 

教科書と問題集を新品で買っても、4,000円以下です。

また、僕は大学までの通学で電車を使うのでその際には、YouTubeチャンネルである最速簿記/最速FPを見て学習をしていました。

参考書とは違う問題を理解しやすいように一問ずつ解説がありとてもわかりやすいです。

FP3級合格に向けて使った勉強時間・期間

ここからは、僕が実際に行った勉強期間は、

□試験前日から1週間(10日間)

□勉強時間は50時間(1日5時間)

です。

ちなみに、勉強する前の僕の知識としては、FPについてはほぼゼロで、お金については、両学長の「リベラルアーツ大学」のYouTubeを見ていました。

また、大学では、工学部であるのでそのような勉強は全くしておりませんでした。

FP3級合格した勉強方法

①教科書で分野ごとにサラッと流し読みし、全体像を把握する

まず始めに、内容の全体像を把握するために教科書を流し読みしました。

このときの感覚としては、完璧に内容を理解しようとするのではなく、読書感覚で大丈夫です。

そのときに各章にある確認問題を解いてみることも忘れずに!

これを分野ごとに行っていきます。

②問題集で理解度を確認する(1回目)

教科書を流し読みした後すぐに、その分野の問題を解いていきます。

そのときに「解けた問題」、「解けなかった問題」、「正解したけど理解できなかった問題」にそれぞれチェックを入れていきます。

③ ①と②を分野ごとに6分野それぞれ繰り返す

テキストの順番通りに「ライフプランニングと資金計画」から始め、それが終わった後に「リスクマネジメント」と順に進めていきました。

(一日の間に異なる分野は行いませんでした。)

④問題集で理解度を確認する

(2回1週目に1週目に「解けなかった問題」、「正解したけど理解できなかった問題」を解いていき、また解けなかった問題を教科書や問題集の解説を読んで理解を深めていきました。

それで、解けるようになるまで繰り返しました。

⑤(大学通学中の電車の中では、YouTubeで勉強)

通学の電車の中では、教科書と問題集を持ち歩くと重たいので、ipadで自宅で最速簿記/最速FPのYouTubeをダウンロードしてから勉強を行っておりました。

YouTubeプレミアムに加入すると動画をダウンロードできるようになり、ipadでも動画を見ることができるようになるのでとてもおすすめです。

⑥試験直前(1,2日前)に筆記試験、学科試験の模擬問題を解く

直前に問題集にある模擬試験を解いて時間を計りながら、本番に備えました。

(実際のところ3級では、時間以内に終わらないと言うことはなく、時間は相当余ってしまったので焦らなくて大丈夫です!)

FP3級合格した勉強方法【番外編】

試験を終えた後に知りましたが、WEB上に「FP3級ドットコム」という過去問演習ができるサイトがあることを知りました。

このサイトは、過去問演習を行うことができ、一問一答形式で演習することができる非常に素晴らしいサイトです。

正答率も表示され、苦手分野についても数字で見ることができます。

僕も試験前にこのサイトを知っていたら良かったと思いましたが、合格することはできたので結果オーライですね!

独学でFP3級試験に合格した具体的なスケジュール

僕が受験したときが2021年5月23日(日曜日)だったので、それに準じて具体的なスケジュール解説致します。

試験9~10日前(5/13木~14金)
  • 6:30
    起床
  • 7:30   ~8:30
    通学(1h)

    YouTubeで学習

  • 9:00   ~16:00
    大学講義

     

  • 16:00   ~17:30
    帰宅(1.5h)

    YouTubeで学習

  • 20:00   ~23:00
    教科書や問題集で学習(2.5~3h)

    その分野の各章ごとでしっかりと確認問題を解いて理解度をチェックし、休憩を挟みながら学習

     

  • 計4.5~5h
  • (木曜、金曜:ライフプランニングと資金計画)

 

試験7~8日前(5/15土~16日)
  • 8:00
    起床
  • 8:30   ~9:15

    教科書や問題集で学習(45m)

  • 10:00   ~17:30
    アルバイト

     

  • 18:45   ~19:30
    教科書や問題集で学習(45m)

     

  • 20:00  ~24:00
    教科書や問題集で学習(3h)
  • 計4.5h
  • (土曜:リスクマネジメント)
  • (日曜:金融資産運用)

 

試験2~6日前(5/17月~21金)
  • 6:30
    起床
  • 7:30   ~8:30
    通学(1h)

    YouTubeで学習

  • 9:00   ~16:00
    大学講義

     

  • 16:00   ~17:30
    帰宅(1.5h)

    YouTubeで学習

  • 20:00   ~24:00
    教科書や問題集で学習(3h)

     

  • 計5h
  • (月曜、火曜:タックスプランニング)
  • (水曜:不動産)
  • (木曜:相続・事業継承)
  • (金曜:問題集演習)

 

試験1日前(5/22土)
  • 8:00
    起床
  • 9:30   ~12:00
    問題集演習(2h)

     

  • 14:00   ~18:00
    問題集演習(3h)

     

  • 20:00   ~21:30
    問題集演習(1.5h)
  • 20:00   ~23:00
    過去問演習(3h)

     

  • 計9.5h

 

試験当日(5/23日)
  • 8:00
    起床
  • 10:00   ~11:00
    学科試験
    試験時間は2時間だったが、1時間で退出可能なので、1時間経過後退出
  • 11:30   ~13:00
    近くのカフェで、苦手分野を問題集で確認
    (学科試験の自己採点はしない! ∵もし不合格の場合モチベーションが下がってしまうので勉強に集中できなくなるから。)
    ・実技試験だけでも合格すると次回免除になる。
  • 13:30   ~14:30
    実技試験

FP3級に合格して

勉強して行く中で、

・税金、年金に仕組み
・所得区分について
・NISAやつみたてNISAについて
・生命保険控除や医療費控除について
など、実生活を送る中で一般教養として身につけておきたいお金の知識を幅広く学習することができ、身につけることができました。
こういうことをきっかけに試験前にですが、つみたてNISAを始めました。
就活で活かせるかどうかについては、2級以上でなければ微妙ですが、資格欄に書くことは可能です。
お金で損したくない方は、ぜひ一度学んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

このようにして僕は、1週間(10日間)独学でFP3級を受験して一発合格しました!

FP3級の資格は、資格勉強の難易度としては易しく資格初心者の方でもおすすめです。

年に3回試験は実施されています。

思い立ったときに一番近い試験日でも全然間に合いますので、ぜひ応募してみてください。

そして!試験が直前に迫ってきて、焦っているとき、絶望の中にいるときに、この記事を見つけてくれたかた、まだ諦めるのは早いですよ!

あと少し頑張ってみましょう!!!

Good luck!


人気ブログランキング

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました