【AppleWatch新機能】AssistiveTouchでできること

ライフハック

How are you doing? どうもHYT颯ブログを運営しているです!

今回のシンプルライフハックは、AppleWatchの新機能であるAssistiveTouchでできることの紹介です。

このAppleWatchのAssistiveTouchは、WatchOS8からの新機能です。

(AppleWatchSeries5以前では非対象)

✔️この記事で分かること

  1. AssistiveTouchでできること
  2. AssistiveTouchの設定方法

AssistiveTouch

AssistiveTouchとは

WatchOS8から導入されたAppleWatchのアクセシビリティ機能のひとつ。

画面に触れずともAppleWatchを操作することができる。

(従来は、手足に障害のあるユーザーのために設計されたものであるが、誰でも使うことができ、使いこなすことができればAppleWatchをさらに有効活用ができる。)

AssistiveTouchでできること

✅”画面に触れずとも電話に出たりSiriを起動したりApplePayを使用したりできる”
✅”時間短縮”
✅”この機能を知っている人も少ないので自慢できる!”

基本操作

ピンチ(ダブルピンチ)、クレンチ(ダブルクレンチ)することで操作可能

ピンチ→人差し指と親指を接触させる

クレンチ→手を握る

設定方法

まず始めに、「WatchOS8」以降にアップデートされている必要があります。

iPhone上のWatchアプリを開き、「アクセシビリティ」をタップします。

次にアクセシビリティ内の「AssistiveTouch」をタップして「AssistiveTouch」をオンにします。

「ハンドジェスチャ」をタップして「ハンドジェスチャ」をオンにします。

その中の

  • ピンチ
  • ダブルピンチ
  • クレンチ
  • ダブルクレンチ

を自分好みに設定すると完了でAppleWatchでAssistiveTouch機能を使うことができます。

まとめ|AssistiveTouch

AssistiveTouch機能はもともと手足に障害のあるユーザーのために設計されたものであるが、この機能を使いこなすことによってより一層AppleWatchの効用を高めます。

1,2分で設定できますので、ぜひ使ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Good luck!

にほんブログ村 PC家電ブログへ

☝良かったらポチッと押してみてね( ・_・)ノ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました